Beauty 美容

【脱毛】ワックスvsレーザー、日本と海外の脱毛の違い

2020年12月26日

こんにちは、tamaです。

ロンドン在住歴20年以上、美容の仕事をしています。

日本で脱毛と言えば永久脱毛(つまりレーザー脱毛)を誰もが思い浮かべると思います。

ところが欧米ではワックス脱毛が手軽な脱毛方法として一番人気です、日本との違いはなんでしょうか?

✔︎もくじ

1、ワックスとレーザー脱毛の違いって?

 ・メリットとデメリット

2、海外でワックスが人気なワケ

3、日本と欧米の人気脱毛部位の違い

1、ワックスとレーザー脱毛の違いって?

簡単に言うとワックスは毛を引き抜き一時的に脱毛し、レーザーは毛根を殺して永久に脱毛する方法。

✔︎ワックス脱毛

専用のワックスを使用。短く切った毛の上にワックスを塗り固まったところで毛と一緒に引き剥がして脱毛します。手軽に自宅で出来るものもあり足や腕などにはとても便利です。ただIO部位は自分でするのは難しく専門のビューティーサロンなどに行く必要があります。

(V=ビキニライン、I=陰部ライン、O=肛門ライン)

メリット

・手足などはセルフでも簡単に出来る。

・サロンに行ってもレーザーに比べて1回の施術料金が安い。

・また生えてくるのでアンダーヘアなどのデザインが変えられる。

デメリット

・痛い。個人差はありますが痛いです。

・毛自体は無くならないので常に継続しなければならない。

・イングローイングヘア(毛穴の中に毛が閉じ込められてしまい炎症を起こす)

✔︎レーザー脱毛

専用のレーザーの機械を使い毛の毛根を殺して永久的に毛を無くす。サロンなどに行く必要がある。セルフで出来る機械も売っているがパワーが弱いのでかなりの回数が必要、アンダーヘアのIO部位は自分では難しい。

メリット

・6~9回数は必要だが(個人差あり)永久脱毛なので一度毛根が死んでしまえば毛が生えてくることはほぼない。

・ワックスより料金は高いが長期でワックスをするより断然お得。

デメリット

・痛い。ただワックスとは違う痛み。痛くない機械などもある。

・肌の色、毛質などによって施術回数や痛みが違う。

・1回の施術料金はワックスに比べて高い

2、海外でワックスが人気なワケ

脱毛といえばレーザー永久脱毛がメインな日本人からすると海外の女子達が毎月ワックスをしに行くのが不思議に思えます。しかも永遠に無くならないので毎月です。

総体的に考えると永遠に無くならない毛を長期間ワックスをするよりもレーザーを6〜9回ほどで終わらせる方が断然お得ですよね。

海外では元々セルフでワックス脱毛をする習慣があり値段も手頃ということもあります。自分で出来ないアンダーヘアVIO部位もこちらでは沢山のサロンで手頃な値段でワックスが出来るというのが人気ではないでしょうか。

ロンドンではブラジリアン・ワックスが£20〜(¥3000以下)ととても安く出来るサロンも沢山ありますが日本だと平均¥5000以上

一方、日本ではVラインの永久脱毛1回につき約¥2500〜、ロンドンでは£50〜(約¥6800〜)と永久脱毛は日本が圧倒的に安い。

そしてレーザーには興味があるけど日本のように沢山の情報が出回ってないためレーザーの知識があまり入って来ず、長期で考えるとレーザーの方が安いのですが一括で支払うのに抵抗がある、というのが理由のようです。

3、日本と欧米の人気脱毛部位の違い

日本と欧米では人気の脱毛部位が違い、施術方法も違います。

✔︎日本 レーザーによる永久脱毛がメイン

1位/ワキ、2位/足、3位/腕 

主に人目につく部位を脱毛。

✔︎欧米 主にワックスによる一時的脱毛がメイン

1位/足、2位/ビキニライン、3位/ワキ

日本と違いビキニラインの脱毛が人気なのは欧米ではパートナーへのマナーとして脱毛するからというのが大きな理由です。そしてビーチリゾートへのホリデーも多いのでビキニラインの脱毛が必須となります。

こちらの記事も参考までに。

【脱毛】海外生活するなら脱毛しておくべき部位とその理由【女子必見】

続きを見る

まとめ

どの国でも脱毛は女性に人気ですが特に日本では宣伝の多さや料金の安さで脱毛といえばレーザーの永久脱毛が認知度が高いですね。

イギリスでは日本に比べるとまだレーザーによる永久脱毛は認知度などが少なくむしろ手軽で料金も安いワックスが人気です。

以上、日本と海外の脱毛の違いでした。

-Beauty 美容

© 2021 tama london