Beauty 美容

【MOROCCANOIL】モロッカンオイル、パサつく髪に使ってみた結果

2020年12月16日

こんにちは、tamaです。

髪のパサつき、ゴワゴワをなんとかしたくないですか?

サラツヤ髪になると噂のモロッカンオイルを試してみました。

ノーマルとライトがあり今回使用したのはモロッカンオイル・ライトです。

公式サイトによるとライトは明るい髪、細い髪質用という事です。

✔︎目次

1、モロッカンオイルとは

2、使用してみた結果

3、メリットとデメリット

それではご紹介していきますね。

1、モロッカンオイルとは

モロッカンオイルはモロッコの南西に生育する樹木の木の実から作られた希少な天然オイル(アルガンオイル)を使ったヘアオイル。独特の性質を持つアルガンオイルは必須脂肪酸や抗酸化成分、ビタミンEに富み髪に潤いを与えるというもの。

✔︎主な成分・シクロメチコン、ジメチコン → シリコン油やシリコン。

・アルガニアスピノサ核油 → アルガンオイル。ビタミンEを含む、酸化に強い。

・アマニ油 → 髪の指通りをよくし、艶を出す。

・香料 → バニラムスク。

・染料 → 黄色味。

(シリコンはヘアケア商品にも使用されている安全性の高いもの)

2、使用してみた結果

ビフォー、アフターを撮るためにシャンプー後完全に乾かした髪に使用してみました。もちろんタオルドライ後の濡れた髪にも使用出来ます。

ちなみに私の髪質は毛染めもしているせいか通常は手触りがゴワっとしていてパサついて膨らみます。

  • 毛質:細くも太くもなく普通、多少のクセあり
  • 毛量:多め
  • 毛染め:1ヶ月に1回

手のひらに出してみます。薄い茶色のオイルです。

手のひらでオイルを伸ばしてから髪の毛表面につけてみました。頭皮は避けてあまり沢山つけ過ぎないようにします。

左:ビフォー 右:アフター

左:ビフォー、恐ろしくパサついています( ゚o゚!)

右:アフター、パサつきが収まりツヤも少し出てます。

✔︎使用感

結論から言うとかなり気に入っています。オイルにシリコンが入っているせいもありベタつかずつるりとした手触りになり髪のボリューム、パサつきも落ち着きます。数時間たっても髪の手触りは変わらずツルサラです。

3、メリットとデメリット

実際に使ってみてのメリットとデメリット

✔︎メリット

パサつきが収まる

髪の手触りがツルツルになる

艶が出る

オイルなのに髪も手もベタベタしない

✔︎デメリット

甘いバニラムスクの香りは好みが分かれる

シリコンが入っているので使用した後の手を洗う必要がある(ずっとツルツルしたまま)

髪の感触は良くなっても髪を修復する作用はない

✔︎感想

オイルなのにベタつかずツヤサラになるのは今まで使用していたオイル系の中では一番です。が、甘い香りが苦手なので香りの種類が選べたら更によいのにと思います。

注意ポイント

  • シリコン入りなので頭皮につかないようにする
  • 沢山つけない事、少ないようなら足す感じで
  • モロッカンオイルを使用した後の洗髪はきっちりとシリコンを落とす
  • 偽物が出回っているため注意する(正規品にはQRコードが付いている)

プロ用の美容製品を扱っているKlipShopなら正規品も購入可能。

もしくは日本なら【モロッカンオイル正規販売店】CHOUCHOU美容コスメ通販サイト

4、まとめ

モロッカンオイルを実際に使ってみた結果はツヤサラになりました。

甘い香りには若干抵抗があるものの十分に効果を実感出来ました。

パサつきが気になる、ツヤ感が欲しいなら一度試してみられてはいかがでしょうか。

以上、モロッカンオイルを使用した結果でした。

-Beauty 美容

© 2021 tama london