Eat 食

【イギリス】ついに丸亀製麺がロンドンに支店をオープン【外人仕様のうどんでした】

2021年4月12日

本日2021年7月26日にロンドン1号店がオープンした丸亀うどんに早速行ってきました。

場所はリバプールストリート駅から徒歩4分くらいの場所です。

混んでいるのを予想して午後4時頃に行ったのですがすでに列が出来ていて40分ほど並びました。

時間帯のせいか主に学生らしき若い世代が多く半分はアジア人。

店内に入るとすぐにうどんコーナーです(写真取り忘れましたが)

うどんコーナーではその場で手打ちうどんを作っていました。

トレイを持ってまずはうどんカレーなどのメインを頼みます。

次は天ぷらや揚げ物コーナー

エビの天ぷらかき揚げもすでに売り切れでやむなくアスパラの天ぷら鳥の唐揚げをピック。

天ぷらコーナーでは日本のあのパリッとした衣の天ぷらをイメージしていたのですがむしろフリッター系でした。

こちらでは照り焼き系などの焼き物を作っている模様です。

こちらはキムチや枝豆などの小鉢とどら焼きやドリンクのコーナー。

おにぎりのコーナーもありました。

沢山の人が前に並んでいるのでここで既にうどんが冷めているだろうと確信。。。

やっとレジにたどり着き支払い完了。支払いはカードのみです。

支払いが終わったら自分でジュースなどを入れたりトッピングを好きなだけかけたり出来ます。

各種ソースやネギ、チリ、おろし生姜などのトッピング。

しかしネギはぶつ切りのように太いです。

最後に天かすや箸、スプーンなどをピック。

テーブルには七味唐辛子が無いのでここでかけて行きます。

ここでも人の大渋滞だったのでうどんが更に冷え冷えに。。。

かけうどんにアスパラの天ぷらと天かすのトッピング。

ネギはぶつ切りです。

各テーブルには醤油、ごま油、ラー油が置いてありますがきっとギョウザ用なのだと思います。

✔︎食べてみた感想

まず先に言うと日本の丸亀うどんに行った事が無いので比べられませんが多分日本のうどんとは全く違う仕様になっていると思います。

美味しい出汁の効いたかけうどんを想定していたのですがスープ自体がベジ仕様でした(後で気づいた)

ベジ仕様にしては美味しいと思いますが濃いめの色の出汁でやはり何か物足りない。

釜揚げうどんではちゃんとカツオなどの魚出汁で取ったつけ汁も選べるみたいです。

うどん自体は太麺でコシもあり悪くなかったです。

✔︎並んでいるうちに冷めてしまう問題

セルフのキャンティーンスタイルで慣れていないのもあり殆どのお客さんが天ぷらやその他の食材を選ぶのに時間がかかりレジにたどり着くまでには相当時間を要します。天ぷらの前で悩んでいる人を飛び越えて行ければ良いのですが、悩ましい所です。

結局支払いが終わった後も更にトッピングで大渋滞、食べる頃には汁物うどんは冷え冷え状態です。

ただしラーメンやうどんを冷めても長い時間かけて食べている外人向けには丁度良いのかもしれないですね。

✔︎全体的な感想

日本のお出汁のうどんでは無いと言う事を理解した上でランチやファストフード並みにサクッと食べるのには良い。

もし暖かいうどんが食べたいなら並ぶ必要のない確実に暇な時間帯に行く事。

出来れば日本仕様のしっかりと出汁の効いたうどんも提供して欲しかった、と言うのが本音の感想です。

追記:オープン初日ではかけうどんのツユの選択肢はありませんでしたが現在ではちゃんとカツオなどを使った出汁も選べるようです。

メニューはこちらMarugame.co.uk

restaurant Marugame Udon

イギリスではMarugame Udonの店名に。

場所はリバプールストリート駅のすぐそばSpitalfields内。

客席は100席でテイクアウトやデリバリー、ネット注文でクリック&コレクトなどにも対応しているのでCityに近いこの場所ではお昼時に役立ちそうです。

店内に製麺機を置き日本産の小麦粉をつかい、打ち立て、茹でたてのうどんを提供。

✔︎ビーガン向けメニュー

丸亀製麺では初ビーガンメニュー。

野菜ベースで作る「かけうどん」や、「キムチ焼きうどん」、「カレーうどん」などをはじめ、天ぷらの衣をビーガン仕様に変え、メニューの約30%をビーガン向けにするというかなりのビーガン戦略。

✔︎ Marugame Udon Liverpool Street Station

1-3 Widegate St, Spitalfields, London E1 7ES

営業時間: Mon 12:00~20:00 Tue~Sun 12:00〜21:00

Marugame.co.uk

-Eat 食

© 2021 tama london