Life 生活 Useful 便利

【イギリス 】余った食品・不用品をご近所さんとシェアするアプリ【OLIO】

2020年12月9日

こんにちは、tamaです。

この数年利用している誰もがハッピーになれる無料アプリ、OLIOをご紹介したいと思います。

まだ食べられる余った食料品捨てるのいやだなぁ。まだ使える不用品、チャリティーに持っていくほどでもないけど売れそうにもないしどうしようかな?

こんな時に使えるのがOLIOというアプリ。ご近所さんで必要な人がいたらシェアして廃棄食品を無くそうと作られました。

✔︎こんなことが出来ます

1、食材や不用品を無料で引き取る

2、食材や不用品を無料で提供する

3、自分で作った料理、ケーキやクラフトを売る

それでは使い方です。

1、食材や不用品を無料で引き取る

1、まずはアプリでメールアドレスFacebookから登録をします。

2、Home画面でFreeFoodが表示されます。食品以外の不用品はNon-Foodをタップ。写真の横には自宅からどれくらいの距離の場所か誰が提供しているかなどの情報がわかります。

欲しいものがある場合は画像をタップすると提供者の大体の位置情報と希望の受け渡し時間などが書かれてあります。受け取りたい場合は画面に出てくるRequest thisをタップしてメッセージを送りお互いの時間などの調整を行い受け取りに行きます。

3、受け取り方法は特に記載がなければ提供者が指定している時間帯に取りに行くというシステムです。大体の場合指定した時間に玄関先に置いておく、というもので直接会う必要もありません。

ポイント

自宅を基準に0.5km~25kmまでの範囲で設定出来ます。お互いに取りに行きやすいのは2km以内くらいがいいと思います。

2、食材や不用品を無料提供する

1、アプリのHome画面右下の+の赤丸をタップすると提供したいもの情報を入力する画面になります。↓

✔︎記入事項

・提供したいものの写真をアップ(10枚まで)

・Title タイトルはわかりやすく。例「Tea Cup」など

・Description ちょっとした説明をつける

・Quantity 全部でいくつか数も入れておきましょう

・Pick Up Times 自分の都合の良い時間 例「Today from 4pm-6pm or I can leave it outside」など

後はOLIO内のメッセージでやり取りが出来るので詳細を決めて受け渡しです。

✔︎メモ

アップする写真の下にあるWanted listingをオンにすると「こんなのを求めてます!」となり自分が欲しいものとしてアップされます。

参考

これまでに何度か不用品を出しましたが、数時間ですぐに引き取り手が見つかりました。まだ使えるけど欠けてしまっているお皿セットとか、何年も前に購入した絶対に使わないライトのセットなど。提供品にはハンガーや輪ゴムや一度使ったけど合わなかった化粧品などありとあらゆるものが出品されてます。

3、自分で作った料理、ケーキやクラフトを売る

OLIOのアプリ内でホームメイドの料理、ケーキやクラフトを売ることが出来ます。

ただし、支払いなどはOLIO内では出来ないので個人間でのやり取りとなります。

その他にはローカル・カウンシルに登録が必要となります。登録はこちらから。

アプリHome画面の下のMadeアイコンをタップするとホームメイドの作品を買うことが出来ます。

参考

日本人の作るケーキやアクセサリーなどは繊細ですし、セミプロ問わずご近所で販売出来るので出品してみるのはいいかもしれません。

OLIO内のホームメイド作品はどれも写真があまり素敵には見えないのが残念ですが、美味しそうに写真を撮ればもっと需要があるように思います。

最後にOLIOTesco, Pret, Costa, Sainsbury`sなどの大手や地元のベーカリーやショップなどと提携しており廃棄食品を減らすべく余った食材を提供しています。OLIOのボランティアが引き取りに行き(引き取った食材の10%をもらえる)それをOLIOにアップしているという仕組みです。

なのでTescoなどからの食材は夕方以降にアップされることが多いです。ボランティアに興味のある方もアプリ内から申し込みが出来ます。

以上、旅行前や断捨離や引っ越しなどの時に役立ててくださいませ。

-Life 生活, Useful 便利

© 2021 tama london