Life 生活

【除菌・ウィルス対策】水と塩で電解次亜水を作るBabySmileハイパージアを使ってみた

2021年2月16日

こんにちは、tamaです。

毎日殺菌や除菌を余儀なくされた今、毎回除菌ワイプやジェルなど購入しなければならずアルコールは手も荒れるし大変だなと思っていませんか?

除菌水を自分で作れば手荒れも無くかなりのコストダウンにもなります。

今回は現在使用している塩と水で電解次亜水を作るBabySmileのハイパージアを紹介したいと思います。

✔︎もくじ

1、電解次亜水って何?

2、ハイパージアの使い方

3、メリットとデメリット

1. 電解次亜水って何?

そもそも電解次亜水って何でしょう?

電解次亜水は簡単に言うと水と塩(塩化ナトリウム)を電解処理をしたもので除菌、殺菌効果があります。

そして同じ水と塩を使っても電解処理の方法などが違うと次亜塩素酸ナトリウム次亜塩素酸水も出来上がります。

それぞれは用途によって塩素濃度アルカリ濃度が違います。

それぞれの違い

・次亜塩素酸ナトリウムー酸化作用、漂白作用、殺菌作用があり、飲料水やプールの水に添加されたり、漂白剤として使用される。

・電解次亜水ー次亜塩素酸ナトリウムを希釈したものと同等であると解釈されている。

・次亜塩素酸水ー食品加工等の分野において洗浄・消毒用途などで使用される食品添加物(殺菌料)である。

※ウィキペディアより抜擢

そしてこちらが厚生労働省の資料から

電解次亜水はほぼ水道水と同じくらいの塩素濃度なのが解ります。つまり人体に影響がない塩素濃度で殺菌効果もあるという事ですね。

そしてこちらも厚生労働省の資料から

ハイパージアで作る電解次亜水は有効塩素濃度:200ppm、その生成方式と弱アルカリ性のPH値から、次亜塩素酸と次亜塩素酸ナトリウムの両方の性質を持っているので上記のウィルスにも対応出来き、厚生労働省により食品添加物の次亜塩素酸ナトリウムと同等とされて認可されているので安心して使えるそう。

2. ハイパージアの使い方

作り方

いたって簡単でした。

中身は本体とUSBケーブル、小さじ、スプレーと説明書です。ボトルのサイズは高さ28cmほどです。

1、同封されている小さじに塩(ミネラルなど入っていないもの)1杯を水(水道水)に溶かします。

溶かす時は小さな容器に入れて溶かし、その後本体に残りの水と一緒に入れると簡単です。

2、本体に塩水を入れたらUSBケーブルに繋げてボタンを押し、10分ほど待つだけ。

生成中は容器にスプレーはつけず開いたままにしておく事。

注意ポイント

現在イギリスで使用中です。水道水やペットボトルの水は石灰が多すぎるのでブリータなどフィルターでこした水を使用してます。

塩も一番安いテーブルソルトを使用。

生成中はLEDライトが光りこんな感じにブクブクしてます、終わるとピーと知らせてくれます。

ただの水だったものがほんのりプールの塩素の香りがし、確実に違うものに変わっています。

そしてボトルに小分けにして使用。

左の黒のボトルはヘアースプレー用でかなり細かいミストが出ます。

帰宅したら全身にも吹きかける事が出来るのと買い物してきた食材などにもこのミストを吹きかける事でいちいち拭かなくても済みます。

右の青のボトルは小さめで持ち歩き用。ポケットに入れて出かける先々で吹きかけて使用しています。

その他は小分けにしたボトルを玄関やキッチンやトイレにも置いてどこでも除菌体制万全です。

注意ポイント

生成された除菌水は1週間で作り変えが必要。光を通さないボトルに移し替える事。

スプレーボトルはAmazonで購入しました。

3. メリットとデメリット

メリット
  • 水と塩のみで生成出来るので簡単
  • サルモレラなど食中毒の原因菌、インフルエンザ、ノロウィルスにも効果的
  • トイレやペット用品の消臭(消臭効果大です)
  • 子供のおもちゃやベビー用品の除菌にも使える
  • 生成してから1週間は使用可能
  • 1回で330mlも作れるのでかなり長持ちする
  • 繰り返し何度も生成出来るので経済的
デメリット
  • 塩素なので貴金属などに使用する時は錆びる可能性があるので拭き取りが必要
  • 塩分で乾くと白くなる場合があり気になる場合は拭き取りが必要
  • 本体に水を入れるラインが同色で解りにくい(油性インクでライン書きました)

以上、メリットとデメリットですがボトルに水を入れる位置が解りずらく自分でマークした以外はデメリットは感じたことは無いです。

外出先などで手指にも使用していますが特に荒れたこともありません。

何回でも生成出来るので毎日ジャブジャブ使っています。

ちなみにBabySmileシリーズの赤ちゃん用電動鼻水吸引器メルシーポットS-503はママ達に大人気だそうです。

まとめ

毎日の除菌に市販の物を毎回買うのにうんざりしていたのですが自分で除菌水を作れるのは心置き無く使えてコスパもいいです。

日本の会社が製作しているのでエビデンスもあり安心して使えます。(生産は日本国外ですが)

除菌水を生成する機械は他にも出ていますが今回ハイパージアを選んだのは除菌効果も十分あり使い方も簡単で値段も手頃というのが大きなポイントでした。

以上、水と塩で電解次亜水を作るBabySmileハイパージアを使ってみたでした。

-Life 生活

© 2021 tama london