Eat 食

【ロンドン】手打ちパスタが美味しいカジュアルイタリアン【Emilia`s】

2022年2月28日

Emilia`sはクラフトパスタのカジュアルなイタリアン。

すでにSt. Katharine DocksAldgateに2店舗を構え、今回は3店舗目がCanary Wharfのウッドワーフ(カナリーワーフの新しい住宅街)に2022年3月7日にオープン。

ということで今回はオープン前のSoft Launch に行ってきました。

ジュビリーラインのCanary Wharf駅下車、徒歩7分ほど。タワマンだらけの住宅地の一角にあります。

Emilia`s Crafted Pasta Wood Wharf

看板が輝きすぎて店名が読めませんがこの辺りにはここしか看板が無いのできっとあそこだろうと推測で行きました。

店内は細長く、ハイスツールの席と普通のテーブル席があり外に面する壁はほぼガラスの扉になっているので夏は解放的にテラス席も置ける仕組み。

店内はかなり暗めで料理の写真も暗くなってます。

料理

Emilia`sは店舗によってメニューが違うようでこの店舗ではこちらのメニュー

ビールは3種類のイタリアンクラフトビールのみ

Sourdough bruschetta with heritage tomatoes, garlic and freshly chopped basil 長さが20cm以上はあるサワードーのブルスケッタ。

とてもフレッシュで食べ応え抜群。1人で食べるとこれだけでお腹いっぱいになりそうなくらい大きい。2人でシェアするのに良いサイズ。

Finely sliced bresaola (cured beef) with rocket and parmesan* salad or toasted sourdough bread ブレザオラとロケット&パルメザンをチョイス。(もしくはトーストしたサワードーが選べます)

別々のお皿できましたがロケットサラダもたっぷりのボリューム。フレッシュなブレザオラ(牛の生ハムの一種)は癖もなく程よい厚さとちょうどいい塩加減、それにロケットにパルメザン、これだけで永遠にお酒飲めます。

Homemade tomato sauce with freshly chopped basil (radiatori) (オプションでbuffalo mozzarella DOP付け足しも)

ホームメイドのトマトソースは味が濃く甘味が強め、表面積の大きなラディアトーリ・パスタとの絡みが抜群。ラディアトーリ・パスタの形状は産業ラジエーターの形がモデルとなっているそうで細かいヒダヒダにしっかりソースが絡みます。

ボリュームのある一皿ですがトマトソースなので飽きずにぺろっと食べられます。

Truffled Cacio e Pepe (casarecce) トリュフカチョエペペ(ハードチーズと黒胡椒を使って作ったイタリアンパスタ)

ふわりと香るトリュフとクリーミーなソースとチーズがカサレッチェ(S字型のパスタ)に絡みモチっとした食感でボリューム満点。

店情報

Emilia`s Crafted Pasta Wood Wharf

12 George Street, Wood Wharf, London E14 9QG

Opening times*

Monday – Tuesday 16:00 – 22:00

Wednesday – Thursday 12:00 – 22:00

Friday – Saturday 12:00 – 22:30

Sunday 12:00 – 21:00

おすすめ度

 

カジュアルな地元のパスタ屋さん。手打ちパスタも前菜などもボリュームがあって食べ応えがあるのでランチに1品頼むのにはいいかもしれません。

ディナーだと少しメニューが少ないように思います(将来的にメニューがわかるかもしれませんが)味はどれも美味しかったので次回はメニューの違う別の店舗に行ってみたいです。

-Eat 食

© 2022 tama london