Life 生活

【2021年】イギリスで不要品を売るおすすめのサイトとアプリ【チャリティもあり】

2021年2月4日

こんにちは、tamaです。

気がついたら着ることのない服や不要品が溜まっていませんか?

イギリスでも不要品を簡単にサイトやアプリで売ることが出来ます。

引越しや帰国、断捨離などで不要品を売ったりチャリティに寄付したり出来るおすすめのサイトとアプリをご紹介します。

✔︎もくじ

1、日本人向けサイトとアプリ

2、現地向け人気のアプリとサイト

3、ネット予約でチャリティに寄付する

それではみていきましょう。

1. 日本人向けサイトとアプリ

✔︎こんな人におすすめです

  • 日本語で取引したい
  • 日本製家電を売りたい
  • 日本人同士なので安心出来る

日本語で日本人向けの売り買いサイトやアプリは手数料がかからないのがおすすめポイントです。

 mixb

ロンドンの日本人向け総合情報サイト。

手数料ー無し。

内容ー帰国売り、引っ越し売りなどどちらかと言えば生活用品が多い。

ウェブサイトのみ  こちらmixbよりどうぞ。

 Facebook

Facebookに登録していれば誰でも使える売りのコミュニティです。

イギリス(UK)在住で売ります、買いますコミュニティは日本語で投稿出来る。

手数料ー無し。

内容ー子供用品から家具まで幅広い。

Facebook Marketplaceでも投稿可能、ただしこちらは英語。

 Molight

イギリス在住の日本人向けのフリマアプリ。

先ほど紹介したmixbではウェブサイトのみですがこちらはアプリなのでスマホからサクッと売り買い出来ます。

手数料ー現在の所は手数料がかからないらしいが要チェック。

内容ー小物から家電、洋服や化粧品など幅広い。

気に入ったものがあればメッセージを送ってやり取りします。

ただし売る場合は自分の住所も入れるので見る人全員に住所がわかってしまうのが少し気になります。

アプリのダウンロードはMolightより。

2. 現地向け人気のアプリとサイト

✔︎こんな人におすすめです

  • 英語でも大丈夫
  • 主に小物や洋服を売りたい
  • ブランド物やビンテージものを持っている
  • 送る手間も気にしない

現地向けのサイトやアプリは国籍を選ばない小物や洋服などを売るのにおすすめです。

 Depop

イギリスで一番人気のアプリ専用のフリマ。ブランド物を売りたいならDepopがおすすめ。主に若い層に人気。写真や見た目も綺麗でおしゃれ。

手数料ー1つの商品に対して10%の手数料とPaypal決済なのでその手数料もかかる。

内容ー子供用品、小物、アクセサリー、洋服全般、ビンテージ物など幅広い。

使い方は日本のメルカリに近く、写真と詳細をアップして内容を記載する、メッセージのやり取りで売買。

Depop - Streetwear & Vintage
Depop - Streetwear & Vintage
開発元:Depop Ltd
無料
posted withアプリーチ
 Vinted

ネットとアプリと両方で利用可能。主にZaraなどのハイストリートブランドが多い

手数料ー売る場合は無し。ただし買う時には手数料が買った値段によってかかる。

内容ー子供用品、小物、アクセサリー、洋服全般、家具まで幅広い。

使い方は写真と詳細をアップ、メッセージでやり取りして売買します。

ネットはこちらVintedから。

アプリはこちら iphone / android

 ebay

世界中で取引可能なebay。なんでも売ることが出来る。

手数料ー掲載料30pと売れた金額の10%。

内容ー規約違反にならない物ならなんでも。

ebayの良いところはどんなものでも売りに出せること。例えば誰も買わないようなものでも£0でオークションにしておけば上手くいけば売れることも。

3. ネット予約でチャリティに寄付する

✔︎こんな人におすすめです

  • 近くにチャリティショップがない
  • 持って行くのがめんどくさい
  • 量が多すぎて運べない
  • 急な引っ越し、帰国で売っている時間がない

ここで紹介するのはネットで予約をしてチャリティに寄付する不要品を家まで取りに来てもらえるサイトです。

忙しい人や面倒くさがりな人でも簡単に利用出来るので是非活用してみてください。

 British Heart Foundation

ブリティッシュ・ハート・ファウンデーションは心臓病や循環器疾患、などに関連する研究に資金を提供しているチャリティ団体。

手数料ー無料で家に引き取りに来てくれる。

内容ー家具、洋服、本などリサイクル出来る状態のものであれば引き取り可能。

イギリス全土にあるので自分の地域で利用出来、洋服などはもちろん綺麗目な使える家具なら引き取りに来てくれる。

引き取りの予約はこちらBritish Heart Foundationよりどうぞ。

 traid

主に洋服の廃棄を無くすためClothes Bankや自治体などと提携しチャリティを行なっている。

手数料ー無料で引き取りに来てくれる。

内容ー主に洋服。

London, Slough, Windsor, SurreyやSt Albans and Harpendenでコレクションが可能。

店舗は少なく引き取りの範囲もそんなには広くないがまずはネットから自分の地域でも引き取り可能か確認できます。

予約はこちらからtraidからどうぞ。

 iCollectClothes

いくつかの大きなチャリティとパートナーを組んでいるクローズコレクションサービス会社。

手数料ー無料で引き取りに来てくれる。

内容ー主に洋服や本、アクセサリー、おもちゃなど。

サイトでいくつかのチャリティ団体があるのでどこに寄付したいか選んだ後ポストコード入力で引き取りの予約が出来る。

予約はこちらiCollectclothesよりどうぞ。

ポイント

引き取りでチャリティに出す場合は必ずまだ使えるもの、というのが基本です。

シーツはOKだけどお布団や枕はダメ、などチャリティによってダメなものがあるので確認しましょう。

まとめ

使わない不要品や洋服など出来るだけリサイクルしたいですよね。

売れそうなものはしっかり売って、そうでないものはチャリティに寄付出来るのが一番です。

アプリなら携帯1つで手軽に売れますし、イギリスでは無料で引き取りにも来てくれるチャリティもあるので上手く活用しましょう。

以上、イギリスで不要品を売るおすすめのサイトとアプリでした。

-Life 生活

© 2021 tama london