Life 生活

【2021年】ロンドンで部屋・家を借りる前にチェックしておくべき【重要注意ポイント】

2021年1月14日

こんにちは、tamaです。

ロンドン在住歴20年以上、今までに7回引っ越しの経験をしました。

快適な生活をしたいのに住んでみたら問題だらけでこんなはずじゃなかった、なんて事はよくあります。

今回はロンドンで部屋や家を借りる前に絶対にチェックしておくべき事と注意ポイントをリストアップしたいと思います。

ちょっとした事を知っているのといないのでは大きな違いがあるので是非参考にしてみて下さい。

✔︎もくじ

1、部屋の下見でチェックするべき重要ポイント

 

2、場所を選ぶ時の重要ポイント

それでは紹介していきますね。

1、部屋の下見でチェックするべき重要ポイント

ボイラーはコンビネーションか確かめる

これ極めて重要ポイントです。

冬が長くて寒いイギリスで暖房やお湯がすぐ使えないのは本当に不便です。

給湯の方法としてコンビネーションタンク式の2つがあります。

・コンビネーションはいつでも給湯可能な湯沸かし器

・タンク式はまさにタンクに水を溜めてから温めて使う給湯方式

コンビネーションは電源さえ入っていれば24時間いつでもお湯が使えますが、タンク式は溜まったお湯を使ってしまうと水になってしまいます。

つまりタンク式は誰かの後にお風呂に入れない、お風呂を溜めて髪を洗っていたら水になる、などかなり不便。

家族がいたりフラットシェアなど数人で住んでいる場合は特に注意です。

ただしコンビネーションの場合故障してしまうとお湯もセントラルヒーティングも使えなくなるのがデメリット。

注意ポイント

  • タンク式は古い家・フラットに多い
  • コンビネーションボイラーが古い場合故障しやすいのでどれくらい古いのか聞いてみる
窓はダブルグレージング(Double glazing)か確かめる

次は窓がダブルグレージングか確かめます。

イギリスの家は古いので窓から隙間風が入る事はよくありいくら暖房をしていても全く暖かくならないという事がよくあります。

ダブルグレージングの窓は風も入らず騒音もシャットするのでかなり重要です。

もしも古い窓ならせめて分厚いカーテンなどがあるかチェックです。

注意ポイント

・古い窓は壊されやすく一軒家やグランドフロア(日本の1階)などは泥棒にも注意が必要です

・部屋がなかなか暖まらず暖房費がかかってしまうことも

フローリングかカーペットか

実はこれもかなり重要です。

モダンで掃除も簡単なフローリングはいいと思われがちですが、元々カーペットだったものをフローリングに替えている場合が多く古い建物の場合は騒音の問題でご近所さんと揉める原因にもなります。

・カーペットが汚れてないか確認

・フローリングの場合は上下の住人から騒音で問題があったかどうか確認

注意ポイント

小さいお子さんがいて古いマンションなどに住む場合はグランドフロア(日本で言う1階)に住むか、もしくは厚めのラグや防音になるような敷物をひくのをお勧めします。

バスルームのチェックポイント

特にフラットシェアをする場合は要確認です。

・窓があるかどうかとカビの確認

・トイレの確認、水もスムーズに流れて溜まるかみてみる

・シャワーヘッドの石灰

注意ポイント

・フラットシェアの場合バスルームが汚いのは誰もきちんと掃除してないので自分が掃除する羽目になりストレスが溜まります

キッチンのチェックポイント

・シンク周りの石灰

・水道の水もお湯も出してみる

・洗濯機がある場合は中と柔軟剤を入れるところも汚れてないか確認

注意ポイント

フラットシェアの場合は自分が使う冷蔵庫の場所や棚の中も見せてもらう事

整頓されてないようなら自分の備品も他人に使われるおそれありです

ベットルーム

ベットマットを調べる事。シーツがあれば剥がしてマットの四隅をみてみましょう。黒い点々などはダニの恐れがあります。

注意ポイント

ベットマットが汚れている場合はダニやカビなどの恐れがあるので新しいものに替えてもらえるか交渉しましょう

2、場所を選ぶときの重要ポイント

部屋探しで初めに決めるのが住むエリアですが昼と夜では随分環境が変わってくるので注意が必要です。

特に女性の一人暮らしの場合は部屋の中もですが周りの環境も要チェックです。

駅・バス停に近い場所を選ぶ

ロンドンは特にこの数年小さな犯罪が増えています。

単純に便利というだけでなく、夜は特に危ないので出来るだけ駅・バス停から近い場所を探しましょう。

注意ポイント

駅やバス停から遠い場合はせめてそのストリートに遅くまで開いている地元のニュースエージェントやスーパーなどがある人通りのある通りを選ぶこと

日本人が多いエリアや高級なエリアだからと安心しない

日本人が沢山住んでいる場所だとなんとなく安全な気がしますがそうでもありません。特に一軒家などで日本人にしか貸していないような物件だと泥棒などは間取りを知っていて同じ家に入ることがあります。

✔︎実際私の友人は西部の日本人が沢山住むエリアの家に住んでいましたが夜中に泥棒に入られて大変な目にあいました。泥棒は捕まりましたがその泥棒は前にもその家に侵入したことがあり勝手をよく知っていたようです。

注意ポイント

良いエリアと言われている場所でも一軒家やグランドフロア(日本の1階)に住む場合はセキュオリティがしっかりしているか確認しましょう

Pub(パブ)の近所は避ける

パブ好きには良いかもしれませんが、酔った人々がパブの外で騒ぐ事は日常茶飯事だったりします。特にフットボールシーズンはうるさいです。夜静かに過ごしたい人はパブからは少し離れた場所を選んだ方が無難です。

まとめ

今回はロンドンで部屋や家を借りる前に絶対にチェックしておくべき事と注意ポイントをリストアップしてみました。

冬が長く暗いイギリスでは特に暖房設備は重要です。古い家やマンションが多いので下見の時には給湯設備やセキュオリティなどもしっかり確認しましょう。

ロンドンでの部屋探しはよかったらこちらも参考にどうぞ。

【2021年】ロンドンで部屋を探すサイトとアプリ【日系と現地サイト】

続きを見る

-Life 生活

© 2021 tama london