Life 生活

【イギリスの病院(NHS)は無料】病気になる前にまずはGPの登録をしよう【BRPカード必要】

2021年1月5日

こんにちは、tamaです。

ロンドン在住20年以上、病院には何度もお世話になっています。

今回はイギリスの医療についての利用方法をわかりやすく説明したいと思います。

・滞在許可証(BRPカード)を持っていれば無料で医療の利用が可能。

・NHS を利用するにはまず GPに登録する必要があります。

・BRPカードを持たない旅行者でもNHSの利用は可能、ただし有料。

初めにGPとNHSについてざっくりとですが

GP (General Practice) ジェネラル・プラクティス 地元のかかりつけ医

→具合が悪くなったらまずGPを予約

NHS (National Health Service) ナショナル・ヘルス・サービス 専門の総合病院

→GPからの紹介でのみ利用可能

それでは説明していきますね。

✔︎もくじ

1、GPの登録の仕方

2、NHSへ行くには?

3、旅行者がNHSを利用する場合

1、GPの登録の仕方

まずは現在住んでいる地域のGPを探す。

Find a GPで住居地のポストコードを入力して近くのGPを検索。

Find a GPで検索して出てきたGPをクリックすると詳細を見ることが出来、口コミなども書かれています。

GPによって開いている時間帯や曜日が違うのでそれもチエックしておくこと。

住居地から近い場所を選ぶのが基本ですが、2015年より職場子供の学校の近くなどのGPも選べるようなったので自宅の近所かどちらか便利な方を選べることが出来ます。

ただし登録出来ないGPもあります

登録が出来ないGP

  • 新規登録を受け付けてない
  • 住居地から遠い場合は受け付けない
  • 以前にそのGPから登録を消された場合
  • 住居地が遠く、ホームケアが必要な場合
GPへ登録する方法

1、準備するもの

まずは登録するために以下の3つを用意しましょう。

  1. BRPカード
  2. パスポート
  3. 住所証明。自分の名前宛てで住所が記載されているもの

住所証明は銀行や学校、電話料金など自分宛に送られてきた封筒などを用意するといいです。

2、申し込み用紙に記入

申し込み用紙に記入する方法として

1、WEBサイトのあるGPでオンラインで申し込む(ただしWEBサイトのあるGPのみ)

2、イギリス政府のWEBサイトからGMS1申し込み用紙をダウンロード、記入しGPへ提出

3、直接GPへ行き申し込み用紙をもらう

この中で一番簡単なのは直接GPへ行って申し込み用紙をもらいそこで記入すること。

なぜなら分からないことがあればスタッフに直接聞けるから。

直接GPに行く場合はBRPカードパスポート住所証明もお忘れなく。

3、いつからGPは利用出来る?

申し込んで2〜3日、GPによっては1週間かかるところも。

ただし、すぐに診てもらいたいなら申し込みをした時に予約出来るか聞いてみましょう。2〜3日以降なら予約可能だと思います。

GPを予約する

GPでは事前予約が出来る予約枠との緊急用当日枠があります。

予約方法は電話、もしくは直接GPへ行き予約する。(予約なしでは診察はしてもらえません)

忙しいGPだと事前予約といっても2週間先、なんてこともあるので早めに診てもらいたい場合は当日枠の予約をした方が確実です。

その場合はGPの開業時間ちょうどに電話するといいです。ただしこれもGPによって時間帯なども違うのでまずは確認しましょう。

2、NHSへ行くには?

イギリスでは日本のように直接専門医に診てもらう事が出来ません。そしてGPへ行ってからでないとNHSへは行けません。大変不便ですが無料なので仕方ありません。

✔︎ただし以下は有料になる場合があります

  • 薬は基本有料・どんな薬でも一律£9.15/2021年現在(16歳以下、60歳以上は無料、詳しくはこちらより)
  • 歯の治療(詳しくはこちらより)
  • 目の治療(詳しくはこちらより)
NHSに行くまでの流れ

1、まずはGPへ行き、そこでドクターが専門医が必要だ、と判断した場合のみNHSの専門医を紹介してくれます。

2、GPのドクターがNHSのドクターに紹介状を書き、その後NHSから直接予約の連絡が届くのを待ちます(通常郵便)。

通常GPに行った後、NHSから郵便が届くのにも時間がかかり、更に予約日は3〜4週間以上かかるのはざらです。

直接NHSに行くことは出来ないの?

GPからの紹介が無い場合、NHSに直接行けるのは緊急時のみとなります。

A&E (Accident and Emergency)を受け付けているNHSのみ可能です。

こちら近くのA&Eから住居のポストコードを入力すれば近くのNHSが見つかります。

GPの予約などが取れず助けが必要な場合はWalk-in centre servicesという直接行けるGPのような場所があります。GPと同じく専門的な治療はしてもらえませんが診察と処方箋などは出してもらえます。

その他、助けが必要な時

・救急車(Ambulance)を呼ぶほどではないが助けが必要な時は111に電話して相談する。

・どうしても救急で助けが必要な時は救急車999を呼ぶ。

3、旅行者がNHSを利用する場合

短期滞在や旅行者でもNHSの利用は出来ます、が、有料になります。

✔︎NHSで治療を受ける場合

  • 前払いが出来ないと受け付けてもらえない
  • 本当に緊急でないと受け付けてもらえない

などあまりお勧めできません。特に旅行者の場合英語では難しいと思います。

必ず海外旅行保険に入り、もし何かあれば日本の病院に行くことをお勧めします。

以下、ロンドンにある日本の診療所。

NIPPON CLUB メディカルクリニック 

ジャパングリーンメディカルセンター

ロンドン医療センター

まとめ

イギイスでは6ヶ月以上滞在するためには滞在許可証(BRPカード)が必要ですがそれを持っていれば医療が無料で利用出来ます。

無料だから全てが良いとは限りませんが手術や入院費用などが必要ないのはとてもありがたいことです。

病院に行かないように健康に気をつけるのが一番ですが何かあった時の為にGPへの登録は是非しておきましょう。

以上、GPへの登録のすすめでした。GPを上手く活用するコツも参考にどうぞ。

【イギリス無料の医療】GPで受けられるサービス【上手く活用するコツ】

続きを見る

-Life 生活

© 2021 tama london